MENU

かつらのランニングコスト

さて、茂太が是非ともお話しておきたいのがメンテナンス費用です。
これを忘れちゃうと大変なことになります。
なかなか、このメンテナンス費用を説明しているサイトも少ないようなので、
茂太が詳しく説明しておきますね。

 

メン テナンスでは、

 

まず大きく分けてメーカーサロンに通うか、
メーカーの提携店に行くか、
自分でやるかの3つになります。

大手メーカーの場合

大手は全てメーカーの自社サロンが各地に用意されていて、
そこに行くようになります。というより、
そこに いかなければメンテナンスができないようになっている
というのが本当のところです。

 

各メーカーそれぞれ、独自の メンテナンスの方法があって、
それは、町の床屋さんではできません。
特殊な機材、特殊なノウハウがあってどうや っても、
サロンに行かないといけないんです。
ほとんどのサロンは完全個室になっていて、そこで製品のメンテナンス、
自毛のカットを3週間に1回から月に1回くらいのペースで通います。
この費用がだいたい1万円程度かかります。

 

 

それに、消耗品のシャンプー、リンス、トリートメント、
両面テープ、リムーバー、人工毛だと静電気防止スプ レー、
艶出し剤、育毛剤等を都度購入します。

 

もちろんこれは強制ではありませんが、製品を長持ちさせたいなら、
できれば指定の物を使った方がよいと思います。
ただ、このシャンプー、リンスといっても
スーパーで安売りしているような値段では買えません。
シャンプーで2,000円程度します。

 

そうですね・・
茂太の経験だと最小限のものだけで
平均して月4,000円〜5,000円程度の買い物をしていました。
それにサロンが近くにない場合はこれに 別途交通費もかかっちゃいます。
これが案外馬鹿にできない。
先ほどのメンテナンスと含めると毎月1万4、5千円 が飛んでいくのです。
町の床屋さんなら、毎月カットしても3,000円位ですよね〜約5倍です。
正直、かつらを ローンで買っても
更に毎月これだけのメンテナンス費用がかかりますのでご注意を!
大手のかつらを選ぶ場合には、 これは覚悟しておいてください。

では、中小メーカーの場合は?

というと自社サロンを持っているかどうかでだいぶ違うようです。
自社サロンを構えるということはそれだけでかなりの経費になるので、
そういうメーカーは大手より 若干安い程度だと思ってください。

 

後はメーカーが各地のカットハウスなどと
提携しているような場合があります。
個室がある場合や普通のお客さんがいない時間帯や休みの日などに
予約して通ったりと様々ですが、
この様の場合は 月5,000円前後だと思ってください。
カット代に多少上乗せされた位の金額が一般的です。
消耗品はメーカー推 薦のものがある場合と無い場合があります。
消耗品の価格は大手とさほど変わりません。

 

 

茂太の場合は、
提携サロンで個室ありのところに予約を入れて通ってます。
消耗品は、必要最小限のテープとリムーバーくらいを買って
月5, 000円で済ませています。
大手の3分の1です。

 

ただ、正直大手のサロンに通っていた期間が長かったので、
あの 時の気楽さに比べるとはやり、かなりの不満は残ります。
提携サロンといってもあくまで普通のカットハウスなので 、
かつらに精通しているスタッフがいない場合もありますし、
大手の様に社員教育、技術の標準化ができていないのが現実のようで、
茂太は逆に今まで大手でやってきてもらった事をカットハウスに伝えて、
こちらが逆にスタッフに アドバイスしてカットとかをしてもらっています。
安さの見返りとしてこのような苦悩があることも理解しておいて ください。

 

茂太のおすすめとしては、まずは大手で一通りの流れをつかんでみてから、
中小で気に入ったかつらを探 してみるというのが一番いいと思います。
中小メーカーはかつらはいいものがあるのですが、
このメンテナンスが悪 いところが多い。

 

でも、かつらが自然に見えるかどうかって
実はカットとか毎月のセットとかのメンテナンスによる ところが多いのです。
なのでせっかくのいいかつらを中小メーカーは生かしきれていない
と茂太は思います。
そのテ クニックを自分で判るようになって
メンテナンスを依頼できるようになるには多少の投資は必要だと思います。

関連ページ

かつらの価格ってホントのところいくら位?
かつらは定価があってないようなものです。かつらの価格は本当にメーカーによって違いますし、その価格の決め方も2つ作ると安くなるなど様々です。では実際に体験したかつらの価格をご紹介します。