MENU

だれにも万能なかつらはありません!

最初に現役カツラー茂太がおことわりしておきますが、誰にも万能でおすすめのかつらメーカーというものはありません。しいていえば、アデランスが一番、商品のバラエティを持っているのでアデランスを選んでおけば間違いはないと思います。ただ、そうはいっても、世の中にはいろんなかつらメーカーが存在しますから、アデランス一押しというのも茂太の立場的には言えないのですが、幅が広く、ピンポイント増毛から編み込み式、定額制プランなど最近のアデランスはだいぶ、進化してきているようです。以前のような押し売り的な売り方もしていないようですし、先日茂太が新しいかつらを作るので、アデランスにもお邪魔しましたが、押し売り的なものは全く姿を消していました。流石は一部上場の大企業だな〜対応も時代に合わせてきているな!と思いました。でも、消費者目線でいかないと正直かつらメーカーも淘汰されてしまうおそれがありますから大変のようです。

 

前置きが長くなりましたが、茂太は現役カツラーという立場を生かして次の3つのタイプごとで一番オススメのかつらを紹介します。
これは、30代からかつらを愛用してきたからわかるかつらメーカー見直しのポイントとなる時期だからです。

 

若ハゲの方へ!結婚する前につけるべきかつらメーカー

 

かつらにお金が回らない方へ!ランニングコストが激安のメーカー

 

年配で毛量が少なくても自然なかつらをお探しの方へおすすめのかつらメーカー

 

以上の3つの切り口でおすすめのかつらメーカーをご紹介します。

若ハゲの方へ!結婚する前につけるべきかつらメーカー

若いころから猫毛で髪が細く、雨に濡れるとホントに悲惨というあなた!このままじゃ将来が不安で、仕事で人の目も気になるし、彼女もできない・・なんていう方も多いと思います。茂太もそういう時期を過ごしました。つまり若ハゲの方が選ぶべきかつらはどんなメーカーのどんなタイプでしょうか?順を追って説明していきますね。

 

24時間装着を選ぶ

この時期、20代30代の薄毛、若ハゲの場合に行きがちなのがピンポイント増毛です。これは、今ある毛の根本に3本〜5本程度髪を無日付けていく方法です。1000本とか3000本とか人によってまちまちですが、これ、茂太も経験しました。たいていはかつらメーカーの顧客情報収集及び、これでダメだと分からせて通常のかつら購入への方法として使われるものです。というのは、髪の毛は自然に抜けるようにできています。しかも、毛を付けた毛は抜けやすく、ブラッシングや手で書き上げても一気に付けた分の毛も一緒に抜けてしまいます。なので、実質数か月しかふさふさな状態はキープできません。はっきり言ってお金の無駄。かつらメーカーの戦略にハマってしまいます。

 

それよりも、20代、30代のライフスタイルを考えると茂太のことろにメール相談でくる内容にも多いのが、彼女ができましたが一緒に旅行がいけずに困っていますというピン止め装着型のかつらの方が多いこと多いこと。彼女にはカミングアウトしていない人が多く、あるいはしていてもなかなか、夜風呂に入る時にかつらを取り、その姿を見せる勇気のある人は少ないと思います。これは、お泊りだけでなく、同棲とか一緒に暮らすにも恥ずかしい姿を見せたくない!という年代だと思います。この年代の若ハゲの方は24時間装着タイプをオススメします。代表的なメーカーを2つ挙げておきます。

 

スヴェンソン
24時間装着といえば、スヴェンソンという位有名なかつらメーカー。独自の編み込み技術で金具や接着剤を使わずに24時間自然に装着ができます。そのままお風呂もプールもOK!遊園地でのジェットコースターなどもスヴェンソンなら全く問題ありません。ちなにみ52歳の茂太も現在はバツイチなため再婚活動にいそしんでおり、スヴェンソンをつけております^^;

 

アデランス
アデランスもスヴェンソンのようながっちりした編み込みではありませんが、髪にテープや金属のわっかを付けてそれで自毛に固定するタイプの24時間装着方法があります。これは、安価なアデランスヘアクラブも対象なのでお得です。値段もスヴェンソンと変わりません。茂太がリサーチした限りではこの2社が24時間装着タイプでは自然さ、とれない、蒸れない、安心感という4つの面でおすすめできるメーカーです。

かつらにお金が回らない方へ!ランニングコストが激安のメーカー

カツラーの方からのご相談が多いのが、30代い高い大手のかつらを作ったけれど子供が進学したり、給料が減ったりしてとてもかつらどころではない。いっそのこと丸坊主にしたいがどう思うか?というような相談を受けます。これは、茂太も経験していますので、その気持ちよーく分かります。でも、一旦つけたかつらを取るというのは尋常ではありません。サラリーマンなら尚更勇気がいるでしょう。なので、この時期は安いメーカーのかつらを選びましょう。今は安くても品質の良いメーカーもたくさんあります。タイプはピン止め式です。

 

トータルランニングコストつまり1日のコストで比較

 

購入価格 + ランニングコスト ÷ 見込み耐久年数 =1日のコスト を出す!

 

このやり方をおススメします。実際に細かく計算すると1日のコストで比較するのが一番シビアに計算できます。例えば、1個15万のかつらをスペアも含め30万で購入、1回のカットが5000円でおよそ、3年持つと仮定します。そうすると上の計算式でみると以下のように1日のコストがでます。

 

30,0000 + 180,000(5,000×36) ÷ 1,095(3×365) = 438円 

 

はい、438円!これがそのかつらの1日のコストになります。
実際に茂太は、子供にお金がかかった15年間程度この計算に元づいてかつらメーカーを厳選。そしてその中で一番自然なかつらメーカーの製品を使っていました。実際にサロンが美容室などの個室だったり、技術者もかつらに慣れていなくてサービスも不安定というデメリットもありますが、お金には代えられません。うまくコミュニケーションを取ってできるだけ自然なかつらにしていく努力が必要です。茂太の経験もふくめてこれも2つ挙げておきますね。

 

かつらのナチュラル
ナチュラルは茂太が以前つけていたメーカーです。ブームと呼ばれる人工皮膚がとても自然で人毛100%の値段の割には非常にコスパがいいかつらメーカーです。最近ではちょっと高いけどより自然なタイプもでてきました。ただ一つ問題点は、サロンの質です。もし、ナチュラルを選ぶなら一度サロン訪問をしてそのカットしてくれる人と話をして技術力、かつらについての知識がどれだけあるかを聞いておくといいでしょう。

 

かつらのWITH
ナチュラルと同じようなかつらメーカーです。かつらのWITHもナチュラル同様、全国展開をしています。提携しているサロンはやはり個室のある美容院や理容室です。ナチュラルとWITHの商品はそれほど大きな差はないですが、生え際タイプはWITHの方が自然かと思います。ここもサロンの担当さんの質が問われますので、茂太的にはナチュラルのサロンかWITHのサロンかどちらか相性の合う方のかつらを選ぶという感じでいいと思います。

 

 

年配で毛量が少なくても自然なかつらをお探しの方へおすすめのかつらメーカー

最後に、茂太もそろそろそういう時期なのですが50歳を過ぎてきてあまりにも毛量が多くいくら白髪を混ぜてもなんか不自然という事ありませんか?例えば同窓会の時など、お前はいつも若くていいよな?などと髪の毛を引っ張られたりという経験、茂太にはあります。でも、毛量を減らすと不自然になるかつらメーカーが多いはもご存知ですか?かつらはネットか網状のネットいずれかで作られているものが多いんです。もちろん、貼るタイプ、プロピアなどもありますが、正直お金が有り余っている人以外は向きません。

 

毛量をうすくするか?毛量キープで白髪でいくか?

 

そうなるとそのネットの質感で髪を空いて毛量を薄くしても自然に見えるものでないといけなくなるんです。もしくはほとんどを白髪にして毛量をキープするかどちらかになります。ただ、白髪でいくには、全て人工毛になりますので耐久性がなくなることもでてくるのと、その割合が難しくなります。そこで今回は毛量が少なくても自然なかつらメーカー3社をご紹介します。価格も休めのものです。

 

アデランス
正直、今回50代になって改めてアデランスのかつらを見てみて思ったのは自然さが増したという事。それは毛量が少なくても自然だということです。ネットの形状が近くで見ても自然です。スヴェンソンのネットは間近でみると不自然なのですが、アデランスは定額制の安いかつらでも自然なのです。24時間装着の安心感がなくて茂太は今回はスヴェンソンにしましたが、24時間装着じゃなければ断然アデランスを選んでいました。その位自然です。分からないです。そして、最近はサービスや価格も安くなってきました。あまり、アデランスを勧めたくはないですが、認めざるを得ないぐらい良くなってます。

 

スヴェンソン
今回のスヴェンソンは通常のフルサポートプランではなく、プルサポートプレミアというコースをおススメします。先にも書きましたが通常のフルsポートプランのベースネットはアデランスよりも不自然です。スヴェンソンの良さはその編み込みの安定感なので気にしないで使っている人も多いですが、アデランスのが自然さは上です。でも、それ以上の製品がスヴェンソンには用意されています。それがスヴェンソンプレミア。少し高いですが、プロピアほどではありません。それに安心の定額なので一度検討する価値は十分あると思います。

 

 

プロピア
やはり、毛量を薄くするとなるとプロピアを外すわけにはいきません。プロピアのヘアコンタクトです。これは貼るタイプのかつらですが、もう正直かつらだとは分かりません。お金に余裕がある方、3週に1度サロンに行ける方はプロピアのヘアコンタクト以上の自然なかつらはないと言い切れます。

現役カツラーがライフスタイルから選ぶかつらメーカー まとめ

如何でしたか?人生でいろんなシーンや状況があります。それによって実は選ぶべきかつらもかつらメーカーも違ってくるんです。茂太は経験しているから全て分かります。中でも突出しているのがやはりアデランスです。正直、大手嫌いの茂太は紹介したくないのですが・・それでも、実際にサロンに出向いて営業さんと話してその紳士な態度に驚かされ、技術者に製品を見せてもらい、その自然さへの自信を垣間見るとアデランス恐るべしと最近は思っています。たしかに、お金がかかる時期には難しいかもしれませんが、20代、30代でもいいと思いますし、50を過ぎて子供にお金がかからなくなってからまた戻るというのもありだと思います。正直、茂太も再婚計画を立てなければ、アデランスを選んでいたと思います。どうも、以前スヴェンソンを使っていた時の編み込みのがっちりさが記憶になったので今回はスヴェンソンにしましたが・・そんな具合です。

 

どうぞ、これからかつらを選ぶという方、もうすでにかつらをつけていて状況によってかつらを変えたいと思っている方の参考になればとお持っています。もし、何か質問があればメール相談フォームからなんでもメールください。できるだけ、返信しようと思っていますので。

 

関連ページ

アデランスの評価
だれもが知っている超大手のかつらメーカーです。価格は高いですが、安心して使うことができます。ただ、多少強引な営業には要注意!
アートネーチャーの評価
アデランスと同様、かつらの代名詞のアートネーチャー。自然さが特徴です。大手なので、どこにでもサロンがあって社員教育も行き届いています。
スヴェンソンの評価
あまり、アデランス、アートネーチャーほど広告はしていませんが、大手メーカーです。ここは社員や社長さんもスヴェンソンの愛用者が多く、やくみつるさんなど芸能人でも愛用者が多いです。
ナチュラルの評価
ナチュラルは知名度はないですが、ピン止めタイプなら結構いい製品を作っています。ただし、ピン止めだけにデメリットもあるのですが・・
かつらのWITH
ナチュラルと同じ九州のメーカーさんです。元アデランスの中国工場を買い取って製品を作っているメーカー。サロンが貧者なのが弱点です。
茂太のかつら紹介
茂太が先日まで愛用していたかつらを写真付きで紹介しています。現在はスヴェンソンを愛用しています。