MENU

かつらの手入れ|連続着用タイプ

連続着用の場合には、
かつらには常に負担がかかっています。
シャンプーも毎日ですし、夜寝る時も外せませんので
皮脂も吸いますし、寝癖もつきます。

 

 

このタイプのかつらの場合は、
まずシャンプーの際にあまりゴシゴシと洗わない事。
どうしても、地肌を洗うためにかつらのネット部分の間から
地肌を洗うことになるためついついゴシゴシと洗いがちで
ネットを傷めてしまいます。あくまで優しく扱ってください。

 

シャンプー剤、トリートメントはピン留めかつらと同じで、
脱脂力の弱いシャンプーを使う事、
シャンプーの度にトリートメントをする事は基本です。

 

 

それから、ドライヤーも
できるだけ熱風をあてる時間を短くしてください。
かつらは熱に弱いです。

 

 

 

また、寝る時のひとつのアイデアなのですが、
かつらの上にキャップを被って寝るといいと思います。
夏などは暑いのでどうかと思いますが、
寝ている時って枕にギシギシとかつらを押し付けたりして、
朝起きるとかつらの毛髪が絡まったりすることがあります。
これを防ぐためにもキャップを被ることは有効です。
茂太は夏場は目の粗いネットを被っていました。
これだけでも随分かつらの負担は減っているものです。

 

正直、連続着用式かつらの場合には
これぐらいしか手入れができません。
ピン留め式かつらに比べてやはり酷使されますので
かつらの寿命自体はピン留め式に比べて短い事は覚悟してください。

関連ページ

かつらの手入れ|ピン留めタイプ
ピン留め式のかつらを使っている人はピンの部分が使っているうちに弱ってきます。その原因の脂を毎日、とって上げることがオススメです。