MENU

最低月に1度はメンテナンスを!

かつらは放っておけば、
せっかくセットして自然にしていても自毛が伸びてきたり、
退色してきたり、編み込み部分が緩んできたりして
だんだんと不自然なかつらになってきます。
これはもう仕方が無い事。

 

 

かつらだってつけてるうちに変化してきますし、自毛だって伸びます。
いつまでも同じコンデションは保てません。
そこで定期的なメンテナンスが必要になります。
茂太は月に1回はメンテナンスをおすすめします。

 

 

一番不自然に見えるのは自毛が伸びてきて、
かつらとのバランスが悪くなること。
それと編み込み式の場合は
1ヶ月経つとかつらを上にひっぱってぐらぐらできるくらい緩んできてしまいます。
こうなるともう不自然。
そうなる前にこまめなメンテナンスが重要です。

 

特に人毛を使う場合には3ヶ月に1度は毛染めをしましょう。

 

それもあまり黒々とさせないようにした方が自然です。
ただ、最近の貼るタイプのかつらでは
3週間に1度とかのメンテナンスを要求される場合もあります。
もちろんこれに対応できるだけの
時間的、経済的余裕がある方ならいいとは思いますが、
長いかつら生活。
はたして無理なく通えるでしょうか?
茂太には月1回が限界ですね。

関連ページ

あなたは何のためにかつらを着ける?
かつらを購入したいという動機の中には結婚前の薄毛を隠したいとか、ビジネス上で容姿に自信を持ちたいとかいろいろと目的があると思います。まずは目的をはっきり意識しましょう。
かつらの維持費
かつらは購入するときも高いものです。でも、それ以上に毎月維持するための費用がかかります。カット代、シャンプー代、脂抜き代等、これらの維持費について解説します。
かつらの寿命
かつらってどの位もつと思いますか?もちろん使い方によっても、製品の質によっても違ってきますが現役カツラーの茂太の見解は3年で1個と割りきった方がいいと思っています。
バレないかつらは技術者の腕次第
かつらメーカーを選ぶ時には絶対に技術者の腕を見てください。サロンに通っている人のヘアを見てみれば大体、自然かどうか?が分かります。
高いかつらがバレないかつらとは限らない!
かつらは値段が高いからバレにくいとは限りません。安くてもとても自然なかつらはたくさんあります。値段は広告費や人件費などそういう経費が載っている場合が多いです。
かつらの納期
かつらはオーダーと既成品、セミオーダーなどの種類がありますが、ほとんどの方はオーダーかつらを選ばれると思います。そうなると約1ヶ月は納期がかかると思ってください。