MENU

かつらの色

かつらを作る際に
気をつけなければならないのがまずかつらの色です。

 

 

本来は自毛の色に合わせるのが基本ですが、
初心者は自毛よりも黒い色を選んでしまう傾向があります。
確かに黒髪に憧れる気持ちは分かりますが、
年齢との兼 ね合いを考えましょう。

 

 

また、いまどきのヘアスタイルは髪の毛を薄い色に染める人が多いので、
余計に黒々した髪 の毛は目だってしまいます。
茂太としては、自毛と同等くらいか少し明るめでも大丈夫です。
今の茂太のかつらは自 毛と同等くらいの色で作ったのですが、
やはり少し重い印象というかもう少し明るい方が自然でした。
人毛なので色 が褪めてきて今はちょうど自然な感じに見えてきたところです。

 

 

少し明るめで作った方がかつらとバレないと思いますよ。
若い人でかつらに合わせてサイドやバックの色を
同じ色で染めている人をみたことがありますが、
全然かつら だと思えませんでした。
潜在的に私たちは黒々として、
ペタッとした髪の毛のが頭に載っているとかつらっぽいと感 じるようです。
なので自毛と同等もしくは少し明るめの色を選びましょう。

関連ページ

自然に見えるかつらのヘアスタイル
自然に見えるかつらのヘアスタイルにはいくつかのポイントがあります。前髪を下して、ボリュームがないとすぐにかつらとバレてしまいますよ。
かつらにパーマはかけたほうがいいの?
かつらに軽くパーマをかけますか?とサロンでは提案されることがあります。はたしてかつらにパーマは必要でしょうか?
かつらのセットのポイント
かつらをセットするにはどんな点に注意すればいいのでしょうか?ここではかつらのセットのポイントをご紹介します。