スベンソンについて

  このエントリーをはてなブックマークに追加 スヴェンソン

スベンソンについて記事一覧

かつらメーカーによっては、価格はブラックボックスでその毛量、サイズ、装着方法などによって所謂定価が決まっていないかつらメーカーも多いもの。茂太が愛用しているスベンソンのかつらは安心の一律価格。所謂、定価が決まっていて他の大手メーカーのように後からどんどんお金がかかるなんてこともないのがスベンソンなんです。かつら歴20年の茂太が経験してきたところ、大手2社は本当に価格なんてあってないもの。まず、一つ...

最初にお断りしておきますが、これを書いている茂太もスベンソンかつらの愛用者です。大手メーカー、中小メーカーのかつらも使ってきて最後にいきついたのがこのスベンソンの編み込み式でした。でも、これからかつらを作ろうという人には編み込み式とかヘアウィービング方式と言われても、分からないでしょうし、スベンソン自体も知識が不足していると思います。どれだけ自然なヘアスタイルになれるのか?短髪は可能なのか?24時...

最近では、芸能界でもかつらを使用している人が増えてきていて、中には自分がカツラーであることをカミングアウトしている人も多くいます。ここでは、その中でもスベンソンを愛用していいる芸能人を紹介します。スベンソン愛用者その1 松木安太郎松木安太郎さんは、TVでもおなじみのサッカー解説者。独特の言動で愛嬌のある振る舞いは他の解説者とは一線を画します。この松木安太郎さんはスベンソンを着けてすでに7年程経って...

かつらは購入時にもお金がかかりますが、実は維持費が結構かかる商品です。自毛のカット、かつら自体の消耗、毛染め、油抜き、メンテナンス、両面テープ代などなど。かつら料金が定額で良心的なスベンソンでは、一体いくら維持費がかかるのでしょうか?ズバリお答えします。スベンソンではおよそ月に1回、編み直しといって自毛とかつらの編み込みをして自毛のカットと製品のメンテを行ってくれます。料金は決まっていて1回128...

スベンソンは茂太のイチオシのかつらメーカーですが、近くにないと遠方まで月に1回ペースで通う必要があります。茂太も以前は他県まで通っていたのですが、今はサロンができてくれたので楽ちんになりましたが、結構、今でも他県から来るカツラーの方も多いようです。ここでは、スベンソンサロンのある都道府県所在地を紹介しておきます。【北海道地区】札幌サロン住所〒060-0042北海道札幌市中央区大通西5丁目1-1桂和...

かつら選びというのは凄く大変なものです。というのも、実際にかつらを着けている人の生の意見が聞けないからです。良いメーカーも悪いメーカーも分からずにただ、TVのコマーシャルでやっているからそのメーカーにしたという人も多いと思います。ここでは、実際にスベンソンのかつらを愛用している茂太がネットでみつけた口コミや評判を見て感じた事を書いていきます。スベンソンの口コミまとめかつらメーカーの勢力図は、アデラ...

スベンソンではかつらの事を増毛と読んでいます。これは、おそらく増毛したように自然な製品だという自負があるのだと思います。では、実際スベンソンの編み込み式装着法とはどんなものなのでしょうか?実際にスベンソンを愛用している茂太がレポートします。一般的なかつらは、金属ピンで自毛に装着するのが一般的です。ピンで装着すると正直、強い風や頭髪を掴まれたりするとかつらが取れてしまうこともあります。また、社内旅行...

スベンソンのかつらはスタンダードなレベルでも十分すぎるほど自然ですが、スベンソンスタジオでヘアラインプレミアを見たらもうかつらとは呼べないほど自然でした。おそらく、いろんな種類のかつらを見てきた茂太でもこれが最高だと断言できます。生え際、毛量、地肌どれをとっても最高級です。茂太が着けているスベンソンは普通のスタンダードのメッシュ記事のかつらですが、頭頂部を剃ることでねっとの隙間から地肌が見えるので...

TVコマーシャルでヘアフォーライフを知っている方は多いと思います。知らなくても聞いたことぐらいはあるかもしれませんね。この超高額かつらとスベンソンの標準のニューヘアを比較してみました。価格は・・これは圧勝で、スベンソンの勝ちですね〜。おそらくヘアフォーライフの3分の1くらいの価格だと思います。かつらは購入費だけではなく、維持費もかかってきますから将来的に10年間くらい使い続けると大きな差がでてくる...

かつら歴20年の茂太は、大手かつらメーカーも中小メーカーもいろいろと経験してきました。そして、最後に選んだのが「スベンソン」のニューヘアでした。かつらというのは、正直消耗品です。大手のかつらは最初は非常に自然で繊細に見えるのですが、暫く使っているとどうもメンテナンスが必要になってくる場合が多くて、自然の状態で維持するのにお金がかかります。結局は修理か作り直しという形になってしまいます。その都度お金...