スベンソンの口コミと評判

口コミで評判のスベンソンのかつら

かつら選びというのは凄く大変なものです。
というのも、実際にかつらを着けている人の生の意見が聞けないからです。
良いメーカーも悪いメーカーも分からずにただ、TVのコマーシャルでやっているからそのメーカーにしたという人も多いと思います。
ここでは、実際にスベンソンのかつらを愛用している茂太がネットでみつけた口コミや評判を見て感じた事を書いていきます。

スベンソンの口コミまとめ

かつらメーカーの勢力図は、アデランス、アートネイチャーがダントツの2強となっています。最近では、婦人用のヘアウッグにだいぶ力を入れてきていますが、未だにTVコマーシャルの回数はこの2社の独占状態です。残念ながらスベンソンはTVコマーシャルでお見受けすることはほとんどありません。

 

この広告費が実はかつらの価格を釣り上げているのは用意に想像できますよね。大手2社はこの広告費に比率がスベンソンに比べて非常に高いのです。逆にスベンソンはネット以外の広告費をほとんどかけていないので、適正価格でかつらを販売できています。

 

スベンソンの口コミを読んでいると以下3つのパターンの意見がありました。

 

価格が一律なので安心できる

まず、大手メーカーは正直足元を見るような価格設定が未だに多いのが実情です。定価はあってないようなもので、定額のプランを打ち出しているメーカーもありますが、実は不透明な部分が非常に多いのが使ってみるとよく分かります。それに、スペアを買わされたり、買い替えを迫られたり、メンテナンス用品を薦められたりと本当に一度かつらを着けてしまうと、どんどんそこから営業活動されてきます。その点、スベンソンは価格が一律なのでそれ以上の押し売り的営業もないので安心できる!という口コミが多かったですね。

 

スベンソン式編み込み法がいいという口コミ

実際にスベンソンを使っている茂太もそうですが、一度スベンソンの編み込み式を体験してしまうと正直もうピン留めには戻れなくなります。というのも、まず、ちょっとしたことでは外れない、ズレない自毛と一体化しているのでまるで自分の髪の毛のような感覚になるのがスベンソンの編み込み装着法です。現役のプロレスラーもスベンソンのかつらを使っているというのも頷けるところですね。それと24時間つけっぱなしの装着法なので、普段サロンで外す時以外は自分がかつらであることを意識しないで済みます。これはカツラーにとって非常に精神的に有り難い事なのです。

 

スベンソンサロンのスタッフの技術力が高い

これは、正直間違いないです。茂太は大手のかつらも中小のかつらも両方使ったことがあるのですが、まず、大手のサロンは器具や設備は非常に素晴らしいの一言ですが、肝心のスタッフの入れ替わりが実に多かったです。(たまたまかもしれませんが・・)茂太が着けていたのはAN社のかつらで、立派なビルの1フロア全部個室のサロンでしたが、3年通う中で担当スタッフさんが5回変わりました。理由を聞くとほとんどが退職したという理由でした。こんなに頻繁にスタッフが変わるとかなり不安になりますし、床屋さんと同じで毎回こうして、ここはこのぐらいで・・と説明するのが大変でした。また、新人さんが多く技術力という点ではスベンソンにはかないませんでしたね。それと中小サロンの場合は街の理容室や美容室で個室があるところと提携していて、かつら専門のスタッフという人は居ません。なので、正直、かつらに対する知識、経験共に全然なっちゃない人が多く、こちらで指示しないととても自然にカットなどできません。その点、スベンソンはベテランスタッフさんも多く、結構アットホームな雰囲気なのでほとんど毎回細かい指示をしなくても、自然にカット、製品の毛染め、パーマ、製品の交換などもしてくれます。この安心感がスベンソンの一番の特徴かもしれません。

 

スベンソンの口コミを紹介します

では、実際に茂太がネットで探したスベンソンを利用している人の生の口コミをいくつか紹介してみます。

 

40歳のとき夫は転職することになりました。心機一転、増毛するにはちょうどいいタイミングです。そこで、大手メーカーを中心にあちこちのお店へ相談に行ったり、さまざまな製品を試着したり、いろいろ情報を集めていました。

 

でも、夫はなかなか契約に踏み切れない。その理由は料金がどこも不明確で曖昧なこと。「料金を聞いても言葉を濁すばかりで決められない」と夫は嘆いていました。
そんな迷える状況の中、たまたまスヴェンソンを知り資料請求。スヴェンソンなら料金体系も資料に明記されていて、料金が事前にわかり非常に安心でした。

 

私も夫と一緒にお店に確かめに行きましたが、アドバイザーが愛用者とのことで使っている人にしかわからないことや一見デメリットみたいなことまで包み隠さず話してくれたのです。
スヴェンソンと出合い、夫も私も救われた思いがしています。

 

まだ30歳でこれからもずっとハゲのままでいたくないと思い、スベンソンの増毛を試してみることにしました。実際に愛用を始めてからは最初は気持ち的に戸惑う事も多かったのですが、2週間もすると完全に慣れてしまっている自分に気づきました。鏡を見るのが楽しい事と、普通に生活できる事で娘とプールに行くのも苦ではなくなったことなど、これまでとは違う楽しみが沢山増えました。

 

月に一度のメンテナンスはありますが、特に面倒だと感じる事はありません。土日に予約が取りづらいのが少し不満であるくらいで、それ以外はスベンソンに大変満足しています。あの時、念のためにと思って資料を請求した事がとても良い結果につながったと思っています!

 

4年ほど前、某有名メーカーの結毛式増毛を利用しました。結毛式とは、残っている自毛に人工毛を結んでいくものです。しかし、日がたつにつれ結び目が解けたり、結び目にブラシが引っかかって髪が抜けたり。それに、期待した程には髪は増えないこともあって1年ほどで断念。

 

次に同じメーカーのホック式増毛に変更したんです。ホック式とは、ウィッグと自毛をホックで留めるように接合させるもの。しかし、ウィッグを留める部分が数箇所しかないためか、すぐにゆるくなってしまい浮いた感じになるんです。そうなるとフィット感も悪くなり気になって気になって・・・・。

 

最初の説明では「ウィッグそのものは2年はもつ」とのことでした。しかし、「半年くらいで作り直さないとだめ」と後から言われる始末。最初の話とちがう!またお金を取られるのか!と憤りを覚えました。

 

スヴェンソンのことは、ラジオやTVのCMで以前から見ていたので名前は知っていたんです。気になって問い合わせると料金体系を即答してくれました。これには驚きでしたね。かつらメーカーで料金をオープンにしている会社はほとんどありませんでしたから。

 

私が初めてかつらを着用したのは、かれこれ10年以上前のことになります。かつらについて、当時の私はどう調べてよいかも分からなかったので、名前を知っていたメーカーに行き、そのお店で奨められた金具式を選びました。

 

当時の私はかつらと言えば金具で留めるものと思っていましたし、それが当たり前なのかなと。

 

私は、昔から身体を動かすことが好きでかつらをしてもいろんなスポーツを楽しみたいと思っていたんです。しかし、そんな望みとは裏腹に金具式かつらはズレたり外れる不安でとてもスポーツどころではありませんでした。

 

なかば諦めかけていたそんなときにスヴェンソンを知ったのです。「編み込み式増毛法」により1ヶ月間着脱不要、激しいスポーツもできる。そんな言葉を疑いながらお店に行き装着してみました。

 

すると、それが偽りでないことがすぐわかりました。それに短髪のヘアスタイルができて、頭髪も非常に軽やか。スポーツを思いっきり楽しむことも出来るので、正直、自分が増毛をしていることを忘れて生活しています。

 

 

これが実際にネットで評価されているスベンソンの口コミです。大手2社の口コミはもっとえげつない口コミがうようよ書いてありますがここでは敢えて紹介しません。この口コミは茂太の評価ともだいたい同じような意見だったので、やっぱり、スベンソンを利用している人の満足度は極めて高いんだなぁ〜と改めて思いました。

スベンソン口コミのまとめ

スベンソンの口コミの評価は極めて高いというのが茂太の結論です。
そして、それは実際のスベンソン愛用者である茂太の意見とほぼ同じ意見だったというのがこの記事の結論です。

 

かつらというのは、一度つけると定年までとかあるいは一生使う事になる商品なので、まずはいくらかかるのか?が明確な方がいいのです

もちろん、激安かつら館とかかつらのWITH、ナチュラルなどという中小格安のかつらも最近では品質が上がってきているのは認めますが、最終的に自然なかつらの状態を保つためにはサロンスタッフの技術力、編み込み式装着法という独自の特許技術が相まって確固たる安心感が生まれているのが事実です。

 

決して押し売りはしません。
ただ、長年、大手、中小もろもろのメーカーのかつらを使ってきた茂太が絶賛するスベンソンに興味があるなら、
一度資料請求だけでもしてみるといいかもしれません。

まずは資料請求から

もし、スベンソンに興味を持っているなら無料の資料請求をしてみることをオススメします。

 

これは、押し売りをしているのではなくあくまで、かつらというものがどんなもので、スベンソンの編み込み式はどういうものかもよく図解で分かりますし、一番気になる、定額料金表もちゃんと分かりやすく説明されています。
育毛読本やビフォーアフターの写真も豊富にあるかなり充実した資料がどんと届きます。他の大手かつらメーカーのように、しつこい勧誘などもないので安心して資料請求して大丈夫ですよ。

 

スベンソンは来る人は拒まず、というメーカーなので本当にスベンソンをよく理解してもらって納得してくれた人だけ使ってくれればいいという姿勢のメーカーです。気楽に資料請求してみてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 スヴェンソン

関連ページ

スベンソン料金・価格っていくら?
口コミで評判のいいスベンソン。でも、かつらを購入するのに最も重要なのがその価格。不明確だったり、後からどんどんお金取られたりはNGですよね。スベンソンのかつらの価格を説明します。
スベンソンの無料資料請求はこちらから
スベンソンの編み込み式かつらは特許を取得していて他社では真似できません。ただ、編み込み式、ヘアウィービング方式といってもなかなかイメージできませんよね?そんな時はまず資料請求しちゃうのが正しい選択です。押し売り、無理な勧誘はスベンソンはないので安心してください!
スベンソンを愛用している芸能人とか・・
芸能人でも最近ではカツラーであることをカミングアウトしている人も増えていますよね。例えば、松木安太郎氏、やくみつる氏など。見てみると結構スベンソン増毛法をやっている人の比率が高いのです。ここでは、スベンソンを愛用している芸能人を紹介します。
スベンソンの維持費ってどの位かかるの?
スベンソンはアデランス、アートネイチャーに比べると非常に良心的な定額プライスでかつらを販売しています。でも、かつら選びで重要なポイントが月額いくらかかるか?というランニングコスト。ここではスベンソンの維持費についてお話します。
スベンソンのサロン
スベンソンがいくらいいと言っても近くにサロンがないと遠方まで通うことになっちゃいますよね。スベンソンのサロンの所在地、店舗住所などを紹介しておきます。
スベンソンの編み込み式かつらってどういうの?
スベンソンが特許をもっている編み込み式増毛法。実際に茂太も愛用していますが、自毛にしっかり編み込まれて、引っ張っても取れない優れものです。
スベンソン|ヘアラインプレミアは自然すぎる・・
スベンソンの中でもいろいろなかつらのプランがあるけれど、ヘアラインプレミアの自然さは段違い。おそらく、30センチ程度の距離でみてもかつらだと思う人は少ないと思う程。
スベンソン対アートネイチャー
スベンソンの編み込み式とアートネイチャーのヘア・フォーライフどっちが自然なの?というような質問を受けたのでここで回答します。
スベンソン愛用者の「生」の体験談
かつら歴20年の茂太が最後にいきついたのがスベンソン。愛用しているスベンソンの生の体験談を包み隠さず、メリット、デメリットも含めて書いてみます。