MENU

後悔しないかつらの選び方とは|かつら体験談<記事一覧

まず、かつら選びにいく前に・・ バレる、バレやすいかつらってどんなかつらかというところから押さえておきましょう。どうせかつらを作るなら誰だってバレない方がいいですもんね。まず、バレるかつらのパターンを書いておきます。これらはメーカーや製品の特性の場合もありますし、作る際に気をつければ防げるものもあります。 どうぞ、参考にしてください。

かつらをつくる時にまず問題になるのが人毛か人工毛かというところだと思います。人によって人毛がいいとか、人工毛のが進んでいていいとかいう人がいるようです。ここでは、茂太の経験から人毛がいいか人工毛がいいかをご紹介します。茂太はいろいろなかつらを経験しましたが、一番最初に使ったものだけが人工毛と人毛のミックス後は全て人毛です。これはあくまでも茂太の独断と偏見ですが、自然さから言ったら人毛に勝るかつらは...

次に着脱式か連続着用かですが、実はこれは人それぞれでどちらがいいとはいいきれません。茂太はどちらも経験していますが、どちらもメリットデメリットがあります。茂太が思うに、自分がかつらだということをあまり意識したくない人は24時間装着式を。かつらは人前にでるためのエチケットだと割り切れる人、経済的にあまりかつらに投資したくない人は着脱式をということになります。では、それぞれの特徴を!

最近は生え際を見せられるかつらもいくつも出てきています。大手ももちろん中小のメーカーでも両方あるのが普通になってきています。生え際にレースや特殊な人工皮膚を使ってそれをテープや接着剤で頭皮にくっつけるのです。この際に気をつけなければいけないのはレースと自分の肌の色の違い。それからテープでレースを着けるのでその耐久性などです。かつらの生え際のこのレースにはいくつか種類があってごく薄いスイスレース、ち...